仕事一覧

常設展示販売情報

【ニュース&トピックス】

NEW トピックス

【「只見線ギャラリートレイン」運行!】

 2019年5月11(土) 小出-只見駅間にて、だんだんど~も只見線沿線元気会議様、魚沼市観光協会様企画のもと、JR東日本新潟支社様にも多大なるご協力を賜り、JR只見線初の「只見線ギャラリートレイン」が運行されました。昨秋、新潟県魚沼市にて行われた「只見線絵画コンクール」に出品してくれた子供たちの絵と私の只見線の絵を二両編成の車内に飾り、色とりどりの絵画作品と新緑の車窓を味わっていただく日帰りツアーです。

 当列車の発起人として私も乗車しましたので、当日の様子をレポートさせて頂きます。企画運営して下さった関係者の皆様方、心のこもったおもてなしで迎えてくれた只見町の皆様、新潟県内や会津の各地域や関東からも応援にかけつけて下さった皆様、沿線で撮影してくれた皆様、心より御礼を申し上げます。そしてなにより、当日参加して下さった皆様と元気いっぱいの子どもたち、本当にありがとうございました!!

①小出駅で出発を待つ列車。メインは車内からの鑑賞ですが停車中は外からも絵が見えます。青空を背に国鉄急行色車両が映えます。この企画には私の個展売上の一部も活かして頂いています。つまり個展に来て下さった「好きだけどなかなか行けない」というお客様の気持ちもこの列車を動かす力になっているわけです。この日の只見線の景色は、いろんな色の只見線愛によって描かれた作品です。

②お客様を迎える前の車内の様子。色とりどりの子どもたちの絵。絵は考えられた高さに掛けられていて、座席に座ると車窓もきちんと眺められます。

③一般の皆様は始発の小出から乗車、沿線の子どもたちは越後須原からの乗車です。子供たちが乗りこむと車内は一気に賑やかに。二両編成の車内は子供たちの車両と一般のお客様の車両とで一応は分けていますが、絵を鑑賞するための行き来はもちろん自由です。

④只見駅に到着すると只見線を応援する仲間たちが横断幕を持って出迎えてくれました。(帰りは手をふって出発を見送ってくれました)心に沁みるおもてなしに感謝です!

⑤お弁当タイムを過ごす只見町の振興センター前ではSLのスケッチタイム。食事の際は只見町の皆様が南郷トマトをふんだんに使ったミネストローネをふるまってくれました!爽やかな酸味と旨味が大変美味。一般参加者には「元気すもんプロジェクト」による特製「縁を結ぶ 塩(えん)むすび弁当」が。美味しいお米はもちろん季節の山菜などが沢山入った贅沢弁当でした。(食事の写真を撮り忘れました(涙)!)

⑥折り返しの出発前に只見駅のホームにて記念撮影。遠足の帰りのように、只見線というゆりかごに揺られて子供たちはお昼寝タイムかと思っていましたが、下車する直前まで元気一杯でした!心から楽しんでいる子供たちを乗せた只見線は、どこか誇らしげで嬉しそうでした。みんな本当にありがとう!!

NEW トピックス

【全線復旧をめざして!「JR只見線復興応援プロジェクトVol.2」(supported by 会津商工信用組合)がスタートしました】

☆「JR只見線復興応援プロジェクトVol.2」が始まりました!

会津若松市の携帯電話販売会社 株式会社エヌエスシーがプロジェクトオーナーの、販売型クラウドファウンディング企画第2弾。只見線の写真やイラストがデザインされたオリジナルのスマホカバーを販売、売上の10%が只見線復旧復興基金に寄付されます。

沢山のデザインからお好きなものをチョイスできる楽しい企画。是非この機会に当企画にご参加頂ければ幸いです。「JR只見線復興応援プロジェクトVol.2」特設サイトから企画や商品の詳細をご覧いただけます。

①松本忠作品のスマホカバーデザインより。Aタイプ:「春、結ぶ」

②松本忠作品のスマホカバーデザインより。Bタイプ:「春、歩む」

☆この2点は一例で、他にもたくさんのデザインがございます。ぜひ色々とご覧いただき、お好みのデザインを探してください!

トピックス

【「道の駅 尾瀬街道みしま宿」にて、松本忠画 只見線ポストカード販売中】

「道の駅 尾瀬街道みしま宿」

国道252号線沿い、三島町の玄関口にある「道の駅 尾瀬街道みしま宿」は、奥会津を車で旅する人たちの憩いの場として親しまれております。会津地鶏を使ったメニューや蕎麦、ソースかつ丼といったお食事や、各種お土産も充実しています。

駐車場から尾根づたいの遊歩道を10分ほど登ったところに只見川第一橋梁展望台があり、美しい弧を描く鉄橋を只見線が渡ってゆく場面を眺めることができます。

このたび、私が只見線のある風景を描いたポストカードの販売が、この「道の駅 尾瀬街道みしま宿」でも始まりました。只見線鑑賞や奥会津観光の思い出に、ぜひお買い求めください。

四季折々の只見線を描いたポストカード。売上の10%を作者の松本忠が只見線復旧復興基金に寄付し皆様の只見線愛を橋渡しします。

トピックス

【米焼酎『ねっか』 只見線応援ラベル限定販売のお知らせ】

☆只見生まれの米焼酎『ねっか』 「只見線応援ラベル」の限定販売が始まりました!

深い山懐に抱かれた福島県只見町。日本有数の豪雪地帯であり、ブナをはじめとした天然の広葉樹林が広がり「自然首都」とも呼ばれています。その豊かな自然と清らかな水で育った只見町産の酒米から丁寧に造られた米焼酎「ねっか」は、2017年の発売以来大変好評となっております。今年2月より、桜の頃の只見駅を描いた私の作品「春、結ぶ」をあしらった「只見線応援ラベル」の限定販売が始まりました。1本売れる毎に¥100が只見線を応援するために只見町に寄付されます!「合同会社ねっか」HPのオンラインショップからのお取り寄せもできます。

①「ねっか」只見線応援ラベルとPRチラシです。

②裏面には只見線についての説明が書かれています。

トピックス

【台湾・台北市内での 星賢孝「只見線写真展『只見四感』」に参加】

台北市内にあるカフェ「好人好室×七二聚場」において、2018年12月17日~30日の日程で、金山町観光物産協会の運営のもと、奥会津郷土写真家 星賢孝氏による只見線写真展が開催されています。金山町出身の色鉛筆画家 大竹惠子氏、同町在住のマタタビ細工職人 市川里美氏の作品、私の只見線を描いた作品(ジグレー版画8点)も会場内に展示しています。16日(日)にはレセプションが行われ、私も出席して参りました。その時の様子を少しご紹介いたします。

①会場のカフェ「好人好室×七二聚場」の入り口。細い階段を上がった3階にお店があります。大変お洒落な雰囲気のカフェで、台北の若者たちにとても人気だそうです。

②4人の展示者のプロフィール。各人のシルエットを元に作られています。展示は台湾のスタッフによるもの。ディスプレイの一つ一つに細部までこだわってくれています。

③大竹氏による色鉛筆画、市川氏によるマタタビ細工とともに。

④レセプションでの、星氏による台湾の関係者への只見線現状説明。

⑤秋をイメージした店内ディスプレイとともに。

⑥2階の小部屋には冬をイメージした展示コーナーが。左の大きな絵は大竹氏の作品。

トピックス

【福島県立図書館での 松本忠 画 只見線作品の常設展示が始まりました】

福島県立図書館(福島市)において、全線復旧へ向けて工事が始まった只見線の魅力を伝える取り組みとして、2018年8月から私が描いた只見線作品の常設展示が始まりました。(季節ごとに1~2作品ずつ、来春までの予定) ☆同図書館を訪れた際に、ぜひご覧頂ければ幸いです!

☆松本忠の著書・共著、また松本の絵が収録された画集の展示や貸し出しも行っております。

(※書籍関係は、貸し出し中のことがございます。)

トピックス

【「JR只見線『只見駅』入場券ケース」プレゼントのお知らせ】

☆JR只見駅内、「只見町観光まちづくり協会」において、私の絵が表紙になった「JR只見線『只見駅』入場券ケース」のプレゼントが始まりました。

駅窓口で入場券(¥140)などをご購入頂くと駅舎内にある観光協会窓口でプレゼントされます。切込みに入場券や切符を差し込むと、その日の日付が入ったオリジナル記念入場券or記念切符に早変わりです!只見周辺へ観光された際には是非、只見駅にお立ち寄り下さい。

車での来駅も大歓迎です! 駅前に駐車場もございますので、観光スポットの一つとして只見線や駅を鑑賞していただき、自分の記念として、鉄道好きな友人やお子さん、お孫さんへのお土産として、入場券や切符を買ってゲットしてみて下さい。

①台紙を開いた中身の様子です。

私は、只見-会津蒲生(¥190 区間)の回数券を入れてみました!

A5版の台紙を二つ折りにしたサイズ。PP加工が施され光沢のある美しい台紙です。駅から近い縁結びのパワースポット「三石神社」の紹介も書かれています。

②台紙を二つ折りにしたときの表紙です。私の作品「春、結ぶ」(只見駅)が表紙になっています。

③裏面です。只見駅の紹介、私の紹介、表紙作品「春、結ぶ」へ込めた想い、などが書かれています。

トピックス

【京都鉄道博物館にて松本忠作品が常設展示されております】

京都鉄道博物館(京都市)2階、「鉄道と文化」という展示室において、「鉄道の絵画」のコーナーに、私の作品(全国の鉄道風景のポストカード)20点を、開館当初より常設展示しております。京都鉄道博物館観覧の際にはお立ち寄り頂ければ幸いです。

☆額装されたポストカードをガラスケースにて常設展示しております。また、展示している絵柄は不定期で入れ替わりますのでご了承ください。

(※写真は開館当初からの展示ラインナップです。2018.4現在、展示されている作品の絵柄は入れ替わっております。)

(※当ポストカードは展示のみで、館内での販売はしておりません。)

トピックス

【只見保養センター「ひとっぷろまち湯」壁画に作品採用のお知らせ】

☆只見保養センター「ひとっぷろまち湯」のリニューアルオープンに際し、只見線を描いた作品5点が、浴室を初め、施設内5か所で壁画として採用されました。“銭湯の富士山”の気分で、湯船に浸かりながら只見線を眺められます。ぜひ一度、足を運んで見てください!

①浴場前の待合所スペース

②浴室内です。湯船に浸かりながら…。

③脱衣所内です。鏡にも映っています。

このページの先頭へ