仕事一覧

常設展示販売情報

【ニュース&トピックス】

NEW

【福島県立図書館での 松本忠 画 只見線作品の常設展示が始まりました】

福島県立図書館(福島市)において、全線復旧へ向けて工事が始まった只見線の魅力を伝える取り組みとして、2018年8月から私が描いた只見線作品の常設展示が始まりました。(季節ごとに1~2作品ずつ、来春までの予定) ☆同図書館を訪れた際に、ぜひご覧頂ければ幸いです!

☆松本忠の著書・共著、また松本の絵が収録された画集の展示や貸し出しも行っております。

(※書籍関係は、貸し出し中のことがございます。)

【「JR只見線『只見駅』入場券ケース」プレゼントのお知らせ】

☆JR只見駅内、「只見町観光まちづくり協会」において、私の絵が表紙になった「JR只見線『只見駅』入場券ケース」のプレゼントが始まりました。

駅窓口で入場券(¥140)などをご購入頂くと駅舎内にある観光協会窓口でプレゼントされます。切込みに入場券や切符を差し込むと、その日の日付が入ったオリジナル記念入場券or記念切符に早変わりです!只見周辺へ観光された際には是非、只見駅にお立ち寄り下さい。

車での来駅も大歓迎です! 駅前に駐車場もございますので、観光スポットの一つとして只見線や駅を鑑賞していただき、自分の記念として、鉄道好きな友人やお子さん、お孫さんへのお土産として、入場券や切符を買ってゲットしてみて下さい。

①台紙を開いた中身の様子です。

私は、只見-会津蒲生(¥190 区間)の回数券を入れてみました!

A5版の台紙を二つ折りにしたサイズ。PP加工が施され光沢のある美しい台紙です。駅から近い縁結びのパワースポット「三石神社」の紹介も書かれています。

②台紙を二つ折りにしたときの表紙です。私の作品「春、結ぶ」(只見駅)が表紙になっています。

③裏面です。只見駅の紹介、私の紹介、表紙作品「春、結ぶ」へ込めた想い、などが書かれています。

【京都鉄道博物館にて松本忠作品が常設展示されております】

京都鉄道博物館(京都市)2階、「鉄道と文化」という展示室において、「鉄道の絵画」のコーナーに、私の作品(全国の鉄道風景のポストカード)20点を、開館当初より常設展示しております。京都鉄道博物館観覧の際にはお立ち寄り頂ければ幸いです。

☆額装されたポストカードをガラスケースにて常設展示しております。また、展示している絵柄は不定期で入れ替わりますのでご了承ください。

(※写真は開館当初からの展示ラインナップです。2018.4現在、展示されている作品の絵柄は入れ替わっております。)

(※当ポストカードは展示のみで、館内での販売はしておりません。)

【只見保養センター「ひとっぷろまち湯」壁画に作品採用のお知らせ】

☆只見保養センター「ひとっぷろまち湯」のリニューアルオープンに際し、只見線を描いた作品5点が、浴室を初め、施設内5か所で壁画として採用されました。“銭湯の富士山”の気分で、湯船に浸かりながら只見線を眺められます。ぜひ一度、足を運んで見てください!

①浴場前の待合所スペース

②浴室内です。湯船に浸かりながら…。

③脱衣所内です。鏡にも映っています。

このページの先頭へ